ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

『なんとかならない人生』なんてない。愚痴と発見と、時々漫画を描いてゆきます。ご一読頂き、ありがとうございます。

【仕事】『甘い考えは捨ててくれる?』と言われた新人

 

ぼくのことです。

 

どうも、皿あらいです。

 

最近、運が下降ぎみです。

仕事でミスやトラブルに見舞われています。

 

今週から、

鬼軍曹先輩の下で

別の部署の業務を掛け持ちするようになりました。

受注の負荷変動に伴う、応援です。

 

新しい仕事なので勉強にはなりますが

普段の仕事とのやり方の違いや、

感情を無視した、人をモノのように扱う姿勢には

時折 違和感を覚えています。

 

 

そんな中で、

ある事件が発生しました。

 

 

ぼくの工程を通過した製品に『傷がついていた』

ことが騒動になったのです。

 

 

事件内容

 

今朝、突然応援を頼まれて

『仕方なく』入った工程でのことだった。

 

渡された製品には、細い傷が入っていた。

 

実際、ぼくはその引っ掻き傷には気づいていたけど

『軽度な物だ』と思い、

特に報告はせず同じ部署の人に回した。

 

 

しかし、

あとでその傷が大騒動に発展する。

 

鬼軍曹『これ傷あるの知ってた?』

皿『あ、はい。最初から細い傷はありましたよ?』

 

集まり出す各部署の担当者たち。

 

(え?その程度の傷でそんなに騒ぐものなのか?)

 

空気感が分からず戸惑うぼく。

 どんどんおおごとになってゆく。

 

『だれがやった』

『どこでこうなった』

 

当然のごとく、

犯人捜しが始まった。

 

 

容疑者、皿

 

鬼軍曹『皿くんが最後に触っているから、彼かもしれない』

 

鬼軍曹が言い放った。

 

そこから、

ぼくが犯人という方向に。

 

え?

さっきの証言無視ですか?

 

 

結局、対応についての話し合いにシフトしうやむやになったけれど

 

全員の共通認識として

『新人の皿がやった』

 

という事にされてしまったようだ。

弁解する余地すら、与えられていなかった。

 

 

犯人へ正義のひとこと

 

優等生(女性の先輩)が近づいてきた。

 

優等生『まあさ、失敗しながら覚えるのもいいのよ?(ふん)』

 

皿『はぁ。』(なんの事を言ってるんだ?)

 

優等生『でもね、商品だからね。

傷つけちゃいけないのは当然だよね?

もっと優しく扱わないと駄目だよ?

慎重に持つのは当たり前で、

引きずったりはしちゃ駄目。

 

普段は

ぬるい部署

で仕事してるかもしれないけれど、

 

ここでは

甘い考えは捨ててくれる?』

 

皿『はぁ、すみません』

 

 

 

 

 

 

はぁ?

『失敗』ってなんだよ。

 

 

ぼくがやったこと前提で言ってるよね。

 

完全に


(お前が犯人なのに、名乗り出ない卑怯者だってのはもう分かりきっているのよ。やったならやったって言いなさいよ。その)失敗をしながら〜

 

って決めつけてるじゃないか。

 

 

普段の仕事がぬるい部署なの認めるけれど、

手伝いに来て犯人扱いされた挙句の説教に

 

ひどく消耗してしまった。

 

 

天使の回答

 

苛立つ頭を抑えて

無理やり、自分の中の天使を呼び起こし

感謝の方向へ持っていった。

 

①社会人たるもの、任されたら責任を持つのは当然だよっ!

 

確かに、当たり前の事だ。

『応援だ』『自分の管轄外だ』

なんて関係ない。

渡されて、それに指が触れた時点から責任の一切を引き受ける。

それが社会のルールだ。

 

ぼくが甘かった。

 

異状を発見したならば

その時点で報連相は当たり前であり、報告しない時点で

犯人と疑われて仕方ない。

 

それに気づかせてくれて

ありがとうございます。

 

②注意してくれるだけ、ありがたいんだからねっ!

 

確かに、

新入りのぼくに、親切心から教えようと思ってくれているのかもしれない。

言い方はあれだけど

内容は至極真っ当なものだ。

受け入れて次から気をつけよう。

 

ありがとうございます。

 

 ③今回はたくさん勉強になったね!日々成長!

 

うん、ありがとうぼくの中の天使。

 

成長させてくれて

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

でも、なぜかうまく落としこめない。

何かが引っかかる。

 

そこで、またぼくの名前が使われた。

 

鬼軍曹『それは皿くんがね〜』

 

 

 

ぼくは

プッツン来た。

 

 

 

悪魔の回答

 

①ジャッジが理不尽だろ!

 

そう、ぼくの証言もロクに取らず

勝手に犯人に仕立て上げられた。

 

・他の部署と揉めたくない

・自分の『確認不足』という責任も負いたくない

・そうだ、新入りに全て被らせよう

 

そういう『逃げ』の感情展開から、

新人の自分がスケープゴートにされた。

 

 そう言う微妙な空気感が分からないほど、馬鹿だと思われているのか?

甘く見るな!

 

②先輩ならば、守れよ!

 

ぼくに仕事を委託するならば

事前にチェックを行うべきだ。

それを怠り、

問題が起これば

新人1人に責任をなすりつけ

自分はいち早く安全地帯に逃げた。

 

それは

ぼくの敬愛する2人の先輩達なら

絶対にしないことだ。

ぼくだって、前職では部下を守ってきた。

 

でも、この男は逃げ出して

外野からぼくを槍で刺したんだ。

 

③『甘い考え』の人間に助けを借りるな!

そもそも、

お前らが仕事するのが遅いから、
ぼくはわざわざ慣れない部署まで駆り出されているんじゃないか。

自分の仕事も目一杯やって、

そこからさらにお前らの仕事に付き合わされてるんだ。

毎日、

無駄なお喋りしながら、
マイペースに仕事して
生活残業してお金まで貰って

 

『私はミスがありませんから』

 

って正義の表情で斬りつけるのか?

 

 

ぼくに濡れ衣着せて
偉そうに正義の刃を突き刺して


お前はいったい、

ぼくにどんな気持ちを味わせたいんだ?


ただ単に、

『正義の自分が、悪しき新入り裁いてやった、わたし偉ーい』

という充足感に浸りたいだけだろう?

 

そんな一方的な説教のやり方で
人の心に届くと本気で思っているならば

 

どうしようもない。

 

 

いいから働け。
無駄口を叩かずに。


『甘い考えのもの』に
自分たちのケツを拭かせないほどに

 

自分の仕事をやり切れ!

 

 

 

 

 

 

落ち着け

 

プッツン来たぼくは、

担当者に向けて

主張する事は主張してきました。

・自分の前から傷はあった。

・作業の際は、その部分に触れないよう配慮していた。

・経験不足から、異状だと気づかなかった。

次からは些細な点も報告をあげる。

 

伝えるだけ伝えたら、スッキリした。

分かって貰えないかも知らないけれど

自分の意見も言わずに犯人扱いよりずっっとマシだ。

 

 

 

今回は勉強になった。

けど、

人の嫌な部分に目を向けてしまった。

疲れた。

 

 

素直な自分でいるために

自分の改善点は素直に受け止めて

言うべきは言って

人間の癖を理解してうまく付き合っていこう。

今はそう思えます。

明日からまた頑張ろう。

 

仕事帰りにお肉をたくさん買って食べたら、落ち着いたのでブログに残しました。

皿でした。

お休みなさい。