ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

先輩は煙草を飲みながら僕に言った。 『何とかならない事なんて、いままでにあったか?』 いや先輩!僕今無職になってますけど?!

夜の深い底がチラッと見えた時のこと

 

昨日は、久々に漫画喫茶へ宿泊。

結構嫌いじゃなかったりして、

慣れたリクライニングチェアの席なんかを押さえてみたりしてで。

 

1時30分くらいまで、

古谷実さんの漫画『ヒメノア〜ル 全6巻』を読んでみたりしていたんですよ。

 

 

◎夜が海みたいに深かった

 

そしたら、

誰からのLINEも入らない、深い夜は海のように黒かったんですよ。

 

最近、転職したてで遅刻もできないから、無責任な夜更かしってしてなかったんですね。

で、昨日が久し振りにその時だったんですよ。

んで、

 

沈んで這い上がれないかと、久し振りに思った。

 

要するに、寂しさがまた押し寄せてきて誰からも必要にされてない

完全な孤独に立たされている時のような、そんな気持ちになったんです。

 

 

◎凪いだ夜の底が見えた理由

 

いや、3時間前のぼくは

確かに誰からも隔絶された個だった。

(現在、3時間後の4時半にブログ書いてます)

 

なぜあんな場所にいたのか、

今、

寝心地の悪いリクライニングで目覚めたばかりのぼくだから、

その要因を探ってゆける。

 

 主な物はこの3つだと思う。

 

①東京にいる。

 

そう、ぼくは夢の為に高速バスに揺られて東京に来ている。

久し振りの大都会。

そして物理的にもぼくは

顔見知りの誰からも離れた場所にいる。

 

こんな沢山の他人がいる世界、不安な気持ちになってもおかしくないんじゃないか。

 

②空腹で深夜を迎え撃ってしまった。

 

これ。

 

満たされないのは胸だけでなく、

お腹もだった。

 

高速バスの中で、ハムロールパンだけ食べた。少ない。

お腹減った人間は、そら夜の底の方まで視ちゃうよ、駄目だよ。ダメダメ。

 

③誰からもLINEがこない。

 

これ。

いつも、最低でも1件

未返信で夜を持ち越せたLINEが入っているのだけれど

昨夜に限ってぼくの携帯は圏外だった。

 

いや、バリ3だし!

 

社会的に電波圏外なだけだし!

 

 

他にも思い当たるフシはあるけど、主な要因は以上のものと仮定する。

 

 

◎夜の底から抜け出したくて、ぼくが取った行動

 

あまりに個でいるのが久し振り過ぎて、

孤独から逃げ出したいぼくはある行動に出た。

 

 

ネカフェのDMM動画を頼ったのだ。

(※良い子のみんなは真似できない方法ごめんね)

 

①アイドルのイメージビデオを観てみた。

 

やはり、寂しさの夜には性欲という原始的な角度から訴えかけよう。

 

まずは、ソフトなエロいアイドルのイメージビデオを観てみた。

 

するとどうだろう!

 

その娘を芸能界に送り出した両親の姿が脳裏に浮かび、居たたまれなくなった・・・

 

これはこの夜のせいか、

ぼく自身が少し大人になってしまった故か。

この子の両親はこのビデオを観てどう思うだろうか・・・

 

その方向に考えが及んでしまった。

 

 

 

すぐ消した。

 

 

②本格的にエロいやつを観た。

 

駄目だ、最近好きなマッサージ物でも観よう。

 

でも、何か違う。

 

ストーリー部分が粗くて、感情移入が出来ない・・・

 

マッサージ師のお姉さんが前振りなくノリノリになってしまって、駄目だ。

 

やはり、

 

『嫌よ』

『でも仕方ないから少しだけ』

『もっと』

 

これである。

 

この解り易い運びを、丁寧にやらないと視聴者は納得しない。

 

いや、何の話だよ!

結果孤独に取り残されっぱなしだよ!

多分これ読んでる人も取り残されっぱなしだわ、すみません!

 

 

③そして

 

大人しく寝た。

そこは寝れた。

 

 

 

◎人が孤独に突き落とされる原因と対策

 

そして、 目覚めたぼくの考察はこうである。

 

『なぜ、昨日のぼくは

あんなに夜の底まで届くほど孤独だったのか?』

 

・要因

①知り合いの居ない東京にいた。

②お腹が空いていた。

③1日にコーヒー5杯飲んだ(普段は多くて2杯)

古谷実を読んだ。

⑤夜更かしした。

⑥誰からも連絡が来なかった。

 

・それを取り除く方法は

×エロい動画は駄目

◯頑張って寝た

 

・原因

そもそも

なぜ、昨日に限って誰からの

彼女からすら、既読スルーされたのか?

 

 

そこに、ぼくが夜の底を視た

いや、自分が孤独に陥った原因を見つけた。

 

ぼくは、家族・友人・恋人

周りの人たちの優しさが、当たり前だと勘違いしていた。

 

スマホという便利な物が簡単に繋いでくれるが

本質的に、ぼくたちは孤独だ。

 

それを忘れさせてくれる、電波の届く先にいる優しい人達の存在。

その有り難みを忘れて

優しさが電波に乗ってやってくるのが

『当たり前』勘違いしていた。

 

その甘えが、どこかで文面に出ていたのかもしれない。

彼らを傷つけていたかも知れない。

 

だから、

新しい1日が始まるけれど、

彼らの存在に改めて感謝しよう。

 

何らかの形で、

『ありがとう』を伝えないと。

 

自分があんなにも深く沈み込んだのも、多分この答えの為に必要な道筋だったんだろう。

 

そう位置付けて、寝不足の今日を始めます。

 

おはようございます。

長々とした文章、もし読んでいただけたならありがとうございます。

 

『当たり前』忘れて、

感謝思い出しました。

多分、今日は夜の底は視えない。