ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

『なんとかならない人生』なんてない。愚痴と発見と、時々漫画を描いてゆきます。ご一読頂き、ありがとうございます。

フェイスブック(無駄である)

 

今さらフェイスブックでアカウント作ったりして、

でも使い方なんぞ分からなくて。

足掻いてみた。

 

 

①友人申請を確認してみた。

 

どういう仕組みなんだろう?

ぼくはアカウントを作っただけなのに、最初の時点から友人申請が来ていた。(設定の問題か)

 

ひとりはすでに、この世に居ない人からのものだった。

生前、もっと仲良くしていれば良かった。

 

すでに通り過ぎた人生を見ながら、

ぼくは、自分の人生をもう少し楽しくする権利があるなぁと感じ取った。

 

友達少ないからすぐに終わった。

次は

 

②知り合い候補を辿ってみた。

 

これがキリがない。

学生時代、前の会社の知り合いなど

辿れば辿るほど、

あんな人こんな人一杯湧いてくる。

 

『あいつもう結婚しているのか』

『こいつ変わってないな』

『金持ってそうだな』『筆上手だな』

『詐欺写メじゃねえか』

 

 

キリがない。やめた。

 

③元カノを検索してみる。

 

これ。

ほんとあかんやつ。

 

こういう事をし出す自分が嫌い。

皆さんは気になった異性や、

かつての想いびとに想いを馳せる事はないだろうか?

ついでにアカウント検索する事は?

ぼくは

『躊躇った挙句最終やっちゃうサイド』の人間です。

 

 

 

まあ大概ひっかからないけどね。 幸いなことに。

 

と、思ったら一人だけヒットしちゃって。

しかも、彼氏?とのツーショットをアイコンなんかにしちゃってて。

 

Q.どんな感情が湧くと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

A.意外と祝福したい気持ちになった。

 

自分でも想定外の感情。

 

なんだろう。

『良かった〜!元気そうだね!』

って声を掛けたくなった。

なんだか大人になってて嬉しかったり。

 

喩えに合うか微妙だけど

読みかけで辞めてたコミックの、

ハッピーエンドをネットニュースで知った時のような。

こち亀ってよりH×Hあたりが完結するときのイメージ)

 

『今さら続きから読まないけどさ、ちゃんと完結してたんだ。良かったな』

 

みたいな。

おめでとう。勝手に幸せになって元気に暮らして下さい。

 

 

結論:フェイスブック始めて良かった

 

今はもう会えない人たちの人生に触れられた。

もう二度と会えない人の人生、

でも、幸せになってる人の人生、たくさん垣間見えた。

 

 

と言いつつ、

結局は『無駄である。』

なんだけれど(笑)

 

フェイスブックというより

それを使いこなせない自分が、

ダラダラ他人の人生を漁るような行為。これがこの上なく無駄に感じた。

 

SNSは使いようと思うし、正しく使えば利益も産むだろう。

しかしぼくのような妬みの塊は、

あんなリア充大行進劇の外で

自分の居場所を探した方が

時間効率がよさそうだ。

 

そう、改めて実感出来たので、

フェイスブック始めて良かった。

 

 

(コミュニケーション以外で楽しい使い方があれば、教えて下さい)