ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

先輩は煙草を飲みながら僕に言った。 『何とかならない事なんて、いままでにあったか?』 いや先輩!僕今無職になってますけど?!

【読書メモ】聖なる怠け者の冒険 読了

 

前々から読みたかった、
森見登美彦先生の『聖なる怠け者の冒険』を読み終えた。
全339ページ、所要4時間半くらいだったか。

 

ゆるい世界観と浮かび上がる京都の街並み

 

森見さんワールド全開の内容、文体に『これこれ!』となった(笑)
相変わらず京都に行きたくなるような、魅力的な描写が多い。
京都の街並みが分かるだけに、懐かしさもひとしおだ。
登場する人物のゆるさ、滑稽さ、そして女の子の描写の可愛さに
目尻が垂れてしまう。

 

トーリーの中には、
底抜けに怠ける主人公と、
休日を充実させることに専念する専念する先輩カップルと
冒険を求める週末探偵の玉川さんと
自分が求めた使命の重圧に縛られた、悲しいヒーローぽんぽこ仮面が出て来る。

 

 

それぞれの背負う宿命

 

ぽんぽこ仮面の背負う使命と、

内なる怠け者の声との葛藤。自分と重なった。

 

ぼくも自分の命の儚さを知り、
そして『感謝されて生きたい!』という衝動に突き動かされて生きて来た男である。
だからこそ、分かる。部分もある。

 

兄の代わりに背負って来た、
長男の重圧から逃れたかったのかも知れない。
ふいに自分自身の人生を生きたくなった。
これは、クソ会社に右も左もわからぬまま飛び込み、流されて生きて来た弱い自分を見つけてしまったからでもある。
人生を再構築したくなったのだ。

 

 

重圧から解放された今

 

ぽんぽこ仮面は、最終的に解放された。
彼自身の新しい物語が、また始まる事だろう。

 

ぼくが抜けた跡も同様に

前の会社にせよ、家庭にせよ

心配しなくとも誰かがその跡を継いで必要最低限は回って行く。

そう、

何とかなってしまうものだけれど

 

何ともならない、自分の欲求
『停滞感の打破』だけは、
他の誰でもなくぼく自身が突き進めて行かなければならない。


家族と、友達に胸を張って生きれるように、今できる事をこなしてゆこう。

 

 

内なる怠け者と、適度に仲良くやりながら。

 

 

 

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)