ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

先輩は煙草を飲みながら僕に言った。 『何とかならない事なんて、いままでにあったか?』 いや先輩!僕今無職になってますけど?!

無宗教な生き様

ぼくは何教にも属して居なかった。

だから、信仰ゆえに争ったり殺しあったりする世界が理解出来なかったし、無関心でいられた。

 

でも、自分の生きている時代を考えたら無関心なままでは要られないと感じるようになった。

中東の紛争や、北朝鮮との緊迫、

中国、ロシアの台頭、日本を取り巻く世界は動いている。

 

東京五輪開催に向け、どんどん外国人は日本に訪れるだろう。

世界の宗教戦争だって、相変わらず起き続けるだろう。

でも、それらの動きに対して

 

『いや、ぼくらは分からないし関係ないです』

 

ってのはあまりに無責任ではないか。

日本人として

無宗教家として逆に恥ずかしくないか?

 

テロとかを止める事は出来ないけど、どこの国が何故争っているのかを知るだけでも

何か出来る事があるかも知れない。

何も出来なくとも、身を助ける日がくるかも知れない。

 

無宗教はいい。

でも無関心な生き様を捨てようと思っている。

 

 

池上彰さんの解説著書を読みかじって、世界地図の隅っこを見たような気持ちになる最近なのでした(笑)