ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

『なんとかならない人生』なんてない。愚痴と発見と、時々漫画を描いてゆきます。ご一読頂き、ありがとうございます。

【分析】脱出ゲームの夢を見た彼女

 どうも!

何とか仕事を乗り切りました、皿あらいです。

 

今朝はメンタルが絶不調でした。

 

要因のひとつに、

・彼女の見た脱出ゲームの夢

 があります。

 

 

そこにはぼくがいた

 

らしい。

彼女は何かのイベントで

脱出ゲームに挑戦しており、

ぼくも共に参加していたようだ。

 

 しかし、出題に対して

ぼくが横から見当違いの発言をして

 

『はぁ?』

 

と言われていたらしい。

 

 

終いには、後続者に回答をカンニングされ

腹を立ててしまった彼女は、

 

『もう、この回答あげるわ』

 

と、他人に用紙を押し付け

脱出ゲームを棄権してしまったそうだ。

 

前日にあった出来事から、

その意味を考えずにいられなかった。

 

 前日のやり取り

 

前日に、

2つのエピソードがあった。

 

1つ目は、 

街で彼女が

パン屋さんを見つけた時のやり取り。

 

彼女『あのパン屋、東京で当たったらしいな』

 

皿『え??当たったって何が?』

 

彼女『はあ?分からんとかあり得ん』

 

 

ぼくは食中毒か何かで『当たった』と受け取った。

しかし、彼女の意図は

商品が『当たった』。

即ち、ヒット商品を出したという意味だった。

全然意図している事が分からなかった。

 

小さなすれ違いだが、

ぼくも彼女も違和感を覚えた。

 

 

 

2つ目は、今度の旅行の予定を立てていた時のこと。

ぼくは、割と旅行に興味がない。

ただ、彼女が行きたい場所にむけて、車を走らせることに専念するのが常だ。

 

しかし、前日の彼女は

 

『あーもう決まらん、適当に段取り決めといて』

 

そう言うとぼくに旅行誌を押し付けて、その場を離れてしまった。

 

元々、25歳までまともに異性と交流してこなかったぼくは、計画をする経験が少なく

旅行誌を前にすると知恵熱が出てしまう。

 

ので、非常に困った。

 

 

この2つの出来事が

彼女に脱出ゲームの夢を見させたのではないだろうか。

 

 

あの夢が意味するのもの

 

それは、ぼくに対する2つの不信なのではなかったか。

 

1つ目は、

言葉の理解力がないぼくの低脳さ。

 

2つ目は、

彼女を引っ張る、

男としての頼り甲斐のなさ。

 

昨日の夜、LINEは返って来なかった。

ぼくは胸にしこりを持った。

 

 

月曜の朝はしんどい

 

 

殊更に今日、

月曜は重い物としてぼくにのし掛かってきた。

 

『護りたいと思った彼女に信頼されていない』

 

その事を思うと、

彼女との将来の為に転職し、

地位や同僚、友達を手放し

遠い土地に辿り着いたぼくとしては

足場を失ってしまう。

 

たったこれだけの想像で、

世界は熱を失って見えるのだな。と思った。

 

仲良くして貰っている先輩すら

ただの他人に見える。

 

ももクロ先輩が心配してくれた。

『今日は元気がないね』

 

そんなこと

 

 

ありますけれども。

 

『土日で少し疲れちゃったみたいです』

 

そう、疲れた。

酒と寝不足と

小さな心のすれ違い。

 

せめて、

脱出ゲームみたいに出口があれば良いのに。

 

 

 その後、

彼女から

『友人とスイーツブュッフェに行ってきます』

と着信した。

 

女同士で美味しいものを食べて、

お喋りして、気分を明るくしてくれると嬉しい。

 

 

 

 

会えないストレスが

互いを思い遣る気持ちの邪魔をするとしたら。

 

そんな事を考え、

先の長い遠距離恋愛の先行きに

不安を覚えてしまった今日でした。

 

 

 

明日からは、いつも通りの朝の

 

 

【こころ】憂うつな月曜にひと筋の光

 

どうも、皿あらいです。

 

二日酔いとは言わないまでも

昨日の結婚式で思いの外酔ったらしく、

今朝の目覚めは最悪でした。

背中(腎臓?)の辺りに痛みがあり

身体が残ったアルコールの対処に追われていた事を物語ります。

 

ぼくもお酒を控える年齢になっているのです。

 

 

憂うつな月曜が照らされた

 

仕事に勢いがつかない。

原因は

 

・帰郷の疲れ

・酔いの残滓

・彼女とのすれ違い

・空腹

 

による、気分の落ち込みが挙げられた。

昼を食べればマシになるだろうが、

午前中を乗り切れる自信がない。

 

そんな時、スマホにメール通知が来た。

それは、はてなからの

今まで見たことのない数の

星の通知だった。

 

(ありがとうございます。)

 

 

そして、その中でも一番星が多かった記事のタイトルが、

自分で書いた筈なのに

見覚えのないものだった。

 

何も持っていない人でも強く生きる方法 - ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

 

開いてみた。

 

 

真理にたどり着く

 

過去の自分、転職という

夢を叶えたばかりの自分の言葉があった。

 

 目からウロコが落ちる。

情けない、ぼくは勘違いをしていた。

 

感謝を忘れていた。

 

 

ぼくはもう大丈夫になった。

単純である。

過去の自分からの励ましと

それを運んできて下さった、

皆さんからのエールに感謝して

午後からもテキパキ行きます!

 

サンクス

【独白】あのブログは読まない方が良かった

皿あらいです。

 

その記事へのリンクは貼りません。

 

様々な皆さんの記事に触れていく中で、ぼくはあるブログにたどり着いてしまいました。

 

性別の不一致に関するようなものです。

 そして後悔しました。

 

 

読むんじゃなかった。

 

 

なぜなら、思い出してしまったからだ。

 

 

別に、身内や友人に

性別が一致しない傾向の方がいたって訳ではない。

 

しかし、

それが、

 

ぼくの内側に在ったことを思い出してしまった。

 

 

ぼくの内側には少女がいた

 

今は分からない。

でも、高校生の時や

社会人になり接待でオカマバーに連れて行かれた時も

確かにその少女はいた。

 

『あなたには絶対素質があるわよ』

 

美しくもゴツい骨格の人に言われた。

ぼくはキレた。

 

内側の少女が何かを叫んでいた。

 

 

 

別に、男性が好きって訳じゃない。

乙女チックな趣味があるかと言うとそうでもない。

 

 

でも、

女性のように美しく育ちたかった。

砂糖菓子のような香りに囲まれて、生きたかった。

雪見だいふくのおもちのような

可愛らしい人間になりたかった。

 

そんな願望が内側にあった。

 

でも、

汗をかくと脂の臭いがする。

自分でも好きだった可愛らしい声は

声変わりとともに

野太い男性の声になってしまった。

1日放置すればヒゲが生えてしまう。

 

まるで、

美女と野獣のケモノの呪いのようだ。

 

 

しかも、ぼくの方の魔法は

解けない。

 

その現実を何度も見せつけられる内に、

いつの間にかぼくの中から

内側の少女は居なくなっていた。

 

 

 

ぼくだけが異端なのだろうか?

 

かつて、NHKの教育番組

『お母さんといっしょ』に出てくる歌に

このような歌詞があった。

 

ライオンになりたい女の子

女の子になりたい男の子

 

この歌詞を書いた人は、

何を想って詞をしたためたのだろう?

そもそも男の人だったのだろうか?

だとしたら、女の子になりたい男の子だったのだろうか。

内側に少女はいたのか。

でも、今はそうじゃないのだろうか。

 あの詞を聴いて、反応した少年は

ぼく以外にいたのか。

 

ぼくの内側の少女は、何を望んでいたのだろう。

 

今、異性と交際するぼくは許容範囲かい?

汗を流し働くぼくは醜いかい?

残念だけど、ファッションは絶望的で

可愛さどころか格好良くすらないよ。

ごめんね。

 

 

 

 

 

 

答える人はいない。

 

ならば、自分で答えを出す。

 

 

ぼくは納豆を食べよう。

 

『はぁ?』

 

モニタの向こうから

あなたの声が聞こえた気がする。

でも、聞いて欲しい。

 

先日、職場のポケモン先輩(女性)から言われたのだ。

 

 

『皿さんはお肌が若いですよね』

 と。

 

嬉しかった。

 

実はぼくはここ2ヶ月、

ほぼ毎日納豆を食べている。

そのお陰か、肌のコンディションが良い。

言われて気づいた。

 

そして、多分あの瞬間

ぼくの中の

内側の少女も

喜んでいたと思うのだ。

 

だから、何もしてやれないぼくだけど

せめてもの行いで

ぼくは納豆を食べよう。

 

 

あのブログを読んで思い出してしまった内側の少女の為に

納豆を食べようと思った話です。

 

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。

 

皿なっとう

【日常】今日は酒を飲まないといけない日

 

どうも、

最近、時間帯によって

読んでいただき易い時間、

人目につかない時間があることに

気づき始めた、皿です。

 

 

最近、2週間ほど

お酒を飲んでいませんでした。

恩人が、禁酒を始めた為それに付き合っていたら

自然と飲むタイミングを失っていたのです。

 

お酒を飲まないによる効果

 

断酒している間、次の効果を体感しました。

 

・自発的行動時間が増えた

・体重が1キロ減った

・睡眠時間が減った

・性欲が減った

 

です。

睡眠時間が減ったのは

 

・23時前の寝落ちが減った

・→ブログを書くようになった

 

事に起因します。

 

何し、プラスの効果は多く感じます。

しかし

 

 

今日だけは飲みます

 

 

なぜか?

 

それは、前の会社の後輩に

結婚式に招待して貰ったからです。

 

今日は飲む日。

共に喜ぶ日。

 

しかし、残念ながら

多くは飲みません。

 

 

 

〜〜〜ここまでは朝のぼく〜〜〜〜

 〜〜〜ここから今のぼく〜〜〜〜〜

 

 

結果

 

そこそこに飲んでしまった。

 

あちゃ〜〜

 

シャンパン2杯

ビール3杯

白ワイン2杯

赤ワイン1杯

 

計8杯 4種類。

 

そこそこです。

しまった、結婚式ってコースだから

料理ごとに飲み物が変わるのでした・・・orz

 

結果、電車を寝過ごし

目覚めたら全然知らない路線を走っていました。

 

やっちまったぁぁ・・・

 

 

飲みすぎたくなかった理由

 

ぼくには飲み過ぎてはいけない

理由があったのです。

それは

 

・30歳を過ぎて酒が弱くなった

・(金)・(土)と1日平均4時間半と寝不足

・日曜の時間を有効的に使いたかった

 

からです。

 

案の定

酒の弱さと寝不足が合わさった結果、

強い眠けに襲われてしまい

2時間ほど知らない路線を放浪してしまいました、

 

手痛いロスです・・・

 

しかし、この放浪睡眠のおかげで

睡眠欲・酒気のどちらも解消されました。

 

時刻は17時。

満席の自由席車両にて

ノルマとして持って来ていた本の読破を目指します。

 

分かりやすいと評判の英文法の解説本です。

 

 

NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 (語学シリーズ)

NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 (語学シリーズ)

 

苦手な英文法を少しはマシにしたい。

 やるか!

 

 

 

祝宴酔い明けからの放浪者

でした。

 

 

皆さんもalcoholとの付き合い方にはご注意を(苦笑)

【恋愛】他人のデート代を出したいと思った話

 

おはようございます、皿あらいです。

前の会社の同僚の結婚式に参加すべく、新幹線で地元に向かっています。

始発で出たので眠いです。

 

昨日、職場の先輩達とご飯に行ってきました。

ぼくが尊敬してやまない、

ももクロ先輩(男性)と、

ポケモン先輩(女性)のお二方とです。

 

 

ももクロ先輩】

とても頼り甲斐があるけど、どこかマイペースな先輩。

ももクロの赤推し

仕事は出来るがやる気がない。

 

ポケモン先輩】

・・・根は凄く真面目だけれど、

『私、ひとりっ子だから』を口癖に

人をからかいアップセット(動揺)させる事が生き甲斐。

すぐ帰りたがる。

 

 

2人とも、基本『仕事したくない』を隠さない、オープンな人たちです(笑)

 

 

ベスト先輩ズ

 

ぼくは2ヶ月前、

転職したてで右も左も分からない状態だったが

この2人の先輩に助けて頂いて、何とかやってこれた。

 

仕事のやり方も教えて頂いた。

 

しかし何より、

 

クセの強い人の多い職場に戸惑い

ストレスを抱えていたぼくは

先輩達の

 

『やる事はやるが、焦らずユルく』

 

の不思議なテンポに

何度も救われたのだった。

 

だから、昨日はその2人と一緒に過ごせて嬉しかった。

しかし 

 

 

いそうなのにいない問題

 

その時、ぼくは驚いた。

 

初めて、ももクロ先輩もポケモン先輩も、付き合っている人がいないと知った時だ。

 

『需要がなければ供給は生まれませんよ、ハッ(ニヒルな笑い)』

とは、ポケモン先輩。

 

いやいや、何を仰いますやら。

 

2人ともお洒落だし

頭も良いし、収入も有って

かつ、会話の引き出しも多くて面白い。

異性からの需要に溢れている、

と後輩の視点から思っている。

 

ポケモンのゲームに出て来る技に例えると、『一撃必殺』だ。

 

【命中率】の低い技だが、

当たれば相手を【一撃で倒す】ことができる。

 

 ここで言う【命中率】は【出会い】のことで

【一撃で倒す】とは【異性を魅了】することである。

 

ぼくには

先輩達がモテない理由が見つからない。

 

 

問題はほかにあった

 

ももクロ先輩は、

 

①彼女欲しい 

という。

 

②皿くんはリア充で羨ましい

という。

しかし、 

 

③彼女作ろうかな

↑これにならないのである。

 

おかしい、何かが歪んでいる。

 

その原因は、

『ぼくが彼女を作った理由』を言った瞬間に判明する。

 

ぼくが彼女を作ろうと決心したのは、

弟が大学で家を出てしまい

友達も忙しくなり疎遠になって

『寂しくなった』からである。

 

先輩は違う。

1人で旅をしたり

ももクロや、他のアーティストのライブに参加したり

友達とご飯に行ったり

ディズニーランドに行ったりと

 

『寂しさ』を解消するレパートリーが充実しちゃっている。

 

先輩がいう『彼女欲しい』は、周りに言われるから仕方なしに言っているが

根っこのところでは

 

『まあ居なくても何とかなるけどね』

 

って思っているから

出会いを作りに行かないのである。

 

ももクロ先輩『寂しくない訳じゃないけど、1人に慣れちゃってるんだよね』

 

 

もういっそ行っちゃいなよ

 

ポケモン先輩は自称

『オヤジギャル(死語とのこと)』。

ユーモラスでコミュ力が高いし、サバサバしてて男っぽい。

 

男友達も多いようだ。

先輩に好意を寄せる男性社員もいると聞いて納得する。

 ポケモン先輩こそ、なぜ彼氏が居ないのか分からない。

 

これはぼくの勝手な憶測だが

多分ポケモン先輩は、

ももクロ先輩の事が好きなんじゃないか。

 

だとしたら、ならば。

 

 

 

帰りの車にて

 

ももクロ先輩 『ディズニー行こうよ』

ポケモン先輩『奢りなら行ってあげても良いですよ』

 

いつもの2人のやりとり。

 

後部座席のぼくは心で叫んだ。

 

ああもう、

お金ぼくが出すから

もういっそ行っちゃいなよ!

 

 

他人のデート代を出したくなった夜でした。

 

 

どんな形であれ、

敬愛する2人の先輩方に幸あらんことを願う     あらい 皿

【ブログ効果】ほぼ日更新をして意味が分かった

 

 

最近、今までにない程の
星をたくさん頂いており
驚いています。本当にありがとうございます。
他の方のように、
『こんなメソッドがあったのか!』
『世の中にはこんな面白い物が登場してるんだね!』
ってなる記事はまだまだ書けませんけれど、
ぼくが人生で見聞きしてきた
『ホンモノの話』を
お伝え出来たらと思っています。

 

 

ブログの更新をほぼ毎日して体感したこと

 

 最近、脳がギュンギュン回転するのを感じます。

外部からの『刺激』に対して

脳が自分なりの感想や、過去の経験則などを検索して、答えを探し始める感覚です。

残念ながら、最近のぼくは

転職のために地元を離れたので

 

自分の意見や理想を主張する友人が1人もいません。

 

なので、こうやって誰かに思考や見解を披露する場面を持つと

『1人だけど、独りじゃない』

感覚で思考ができます。

 

 

ブログを更新することは自分と向き合うこと

 

今まで無視してきた感情や、

過去の悲しいこと、

嬉しかったことに、

ふわふわと『現在』を包まれてゆきます。

それは、決して辛い事ではなくて

自分の中で答えに近づいてゆける感覚。

 

新鮮です。

思考のアウトプットという形で

自分の中の自分が徐々に輪郭を鮮明にしていっています。

 

あの頃の泣いてる少年を迎えに行ける

 

置いてけぼりになった悲しい過去に

今だから気づける意味を見出せるようになりました。

 

自己治癒というのでしょうか、

まだ言葉が見つかりませんが

 

悲しんでるぼくの中の少年の、涙を拭いてあげられているような

そんな気がします。

 

この経験も、いづれ記事にしてゆきたいです。

 

 

三日青年はまずは1ヶ月頑張ってみる

 

やべ、昼休みが終わってしまった。

 

とにかく継続を意識して!

邁進してまいります。

 

皆さんと共に 

 

【英語】英語に興味を持ってから、東京は姿を変えた

ども、皿あらいーマンです。

 

今回は英語小ネタです。

 

英語に興味を持つと東京が変わった

 

これだけだと何言ってるか解らないですけど、

 

この間用事があって東京に行った時に、感じた事です。

 

東京凄いです。

何がって、どの看板や表示にも

『英語の添え書き』があるんですよ。

 

かつての自分なら、

読めないし見ようともしなかった部分だけど、

興味を持って『読もう』

として見渡すと、もう飛び込んでくる飛び込んでくる。

 

f:id:aphoptosis:20170907095808j:image

こんなん

 

トイレの表示も、

'Lavatory'だったり、'Toilet'だったり、

'W.C'(Water closet)だったりと

全然統一感ないし

個室に入れば、

洋式便座の清掃方法から、

トイレの利用方法まで

 

何から何まで英訳されてます。

グローバルピーポーが利用する事を

前提とした、案内が充実している。

 

比べて、大阪や静岡のデパートとかは

そこまで認識が至っていない。

都心部ではもっと充実しているかもだけど)

 

新宿に至っては、

オール英語のポスターまであるからね。

あれには感銘を受けた。

(写真は撮り忘れた)

 

 

東京五輪に向けて、訪日者はさらに増えるだろう。

各都市、公共機関、並びに主要観光地は

東京を見習って

そういう足元から外国人対策を行った方がいいんじゃないかな〜と少し思ったのでした。