ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

『なんとかならない人生』なんてない。愚痴と発見と、時々漫画を描いてゆきます。ご一読頂き、ありがとうございます。

【昔話】ぼくが漫画家だった頃の物語①


どうも。
皿でした。あらいでした。

 

 

 

12年前、ぼくは漫画家でした。

 

と言っても、描いていたのは

無償ですし

マチュアですらない、

ネット上での漫画でした。

 

締め切りはない、気楽な筈のものでした。

 

仕事の内定も決まり

就職する前の、ほんの暇つぶしです。

 

でも、

ぼくにとって一生の思い出です。

 

 

憧れを追いかけて

 

ネットの某掲示板に張り付いてた時期のことです。

 

 ひとりの素敵な絵師さんが漫画を描き始めました。

 

彼の漫画は自由で、

絵は上手で可愛くて、

ネタも最高に面白くて。

ぼくはその人の作品を、

掲示板の住人達と

ワイワイ楽しんだのです。

 

それはもう、凄く楽しい時間でした。

 

そんな、彼を筆頭に

某掲示板を当時賑わせていたビッグ4が集まり、ネット上で

エセ少年誌が設立されました。

 

続々と集う、絵師たち。

 

 

ぼくは、

憧れの彼と同じ舞台に立ちたくて

恐る恐る

漫画を描いて挙げてみました。

 

 

すると

1つだけコメントが付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

『女の描く絵、嫌いです(>_<)』

 

 

 

 

 

 

ショックでした。

 

 

ぼくの雑な絵のどこが女性的だったかは分からないけれど、

否定された事が辛かった。

 

でも、確かにその漫画は

恐ろしくオチがなかったので、仕方なかったのです。

 

 

 

だから、

当然のごとく 他の住人からは、

完全にスルーされました。

 

 

 

でも、ぼくは諦められませんでした。

 

 

ネット漫画デビュー

 

ネタを考えて考えて、

日常を漫画一色に染めました。

どの瞬間も

頭の中ではストーリーが踊ります。

 

マウスを使って、

ペイントで一生懸命漫画を描きました。

命を削す出すように、

じっくりドット絵のように仕上げました。

 

そして、ついに掲示板に投稿。

 

 

すると、今度は

 

 

 

『いいぞ、面白いぞ』

 

『これ好きです』

 

『ヒロイン可愛いじゃん!』

 

信じられない事に、

好意的なコメントが付きました。

 

嬉しかった。

 

ぼくは止まらなくなりました。

 

 

一日中寝ても冷めても漫画の世界に浸って、想像上の主人公やヒロイン達と一緒に暮らしました。

パソコンの前で、

 

ゴシゴシ

ゴシゴシ

 

マウスを使って

世界を削り出したのです。

 

 

 

 

すみませんが、続きます。

 

たわいもない話を聞いてくれて

ありがとうございました。

 

【遠距離恋愛】3ヶ月を経て感じるメリット・デメリット

 

どうも、皿あらいです。

 

なんとか 月曜を乗り切りましたね。

無事このブログでお会いできた事に感謝します。

 

 

普段は愚痴や、しょうもない発見(ぼくは宝物だと思っている)や、

漫画をちまちま描いているぼくですが

 

遠く離れた地元に愛すべき人がいます。

 

今回は遠距離の彼女と久し振りに

会って気づいた事を述べたいと思います。

 

 

なんで述べるの?

 

『お前のリア充自慢マジいらねーよ!』

という方は、

 

申し訳ない。

 

しかし、

驚くべきほど武器の少ない男が

今後も彼女に捨てられない為に綴る

生き残りを賭けた記録である。

命懸けのメモの為、

どうか大目に見て頂けるとありがたい。

 

遠距離のデメリット

 

コスパが悪い

会うたびにお金が飛んで行く。

ホワイト企業に転職したはいいけど

残業がない為、収入が少ない。

支出が多いのはあまり喜ばしいことじゃあない。

 

②寂しさが募る

 以前は毎週末会えていたのに、

今は月に2度。

3ヶ月経ったけれど、さみしい時は凄く落ち込む。

 

特に男は遠距離に向いてないそうだ。

 

遠距離恋愛は初めてではないが

意外と女性側の方が強い。

対して男側は本当に弱い。

 

一般的に女性側は精神的距離に苦痛を感じやすいらしいのだが

男は物理的距離に弱い、と言われる。

実際、

会いたくて震える。

(震えないけど)

 

 ③ムラムラする。

こればかりは仕方あるまい・・・

男だし。

でも、溜め込み過ぎると病むので

たまに彼女にLINEでセクハラして発散する。

 

皿『パンツ見たいです』

彼女『はぁ?きっしょ訳分かんない事いってんじゃねーよ死ね』

 

メンタルを削りながら、何とか持ちこたえている。

まあこれはこれでアリかもな、

と自分を納得させている。

 

(良い子は真似しちゃいけない。)

 

 

遠距離メリット

 

①相手が可愛く見える

そもそも異性との接点はおろか

同性の友人もいない僻地につき

会ってくれるだけで彼女は神である。

 

なので、いくら罵られても、

『きしょい』と言われても平気。

 

むしろ嬉しい。

 

だから、

気がつくと

『可愛い』

と声に出してしまっている自分がいる。

すると

・自分の中での彼女がより存在を増す

・物理的に彼女の振る舞いが可愛くなる

 

という

聖のスパイラルが回り出す。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

普段、声に出して『可愛い』

と伝えていない男性に

全力でオススメしたい。

最初はお世辞でもかまやしない。

 

可愛くない人も、可愛くなる

可愛い人は、より可愛くなる魔法。

 

いわゆる、

交際における

バイキルト

(攻撃力アップ魔法)

ってところですかね。

(喩え下手すぎ)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

②相手に感謝を覚える。

 

特に、会い行く時より

会いに来て貰えた時の嬉しさが大きい。

 

会いに行った時は、かつての日常に戻った感じでまだ懐かしい感じの方が大きい。

でも、会いに来てくれるだけで

『ぼくの為に会いに来てくれる人がいる』

と自己肯定感が満たされる。

こんな自分の為に来てくれてありがとう

って思う。

 

 

③頑張る意欲が湧く。

 

『なんか、久し振りに会うって感じがしないな』

と言われる。

 

毎日、ぼくの長いLINEのやり取りにも付き合ってくれている。

 

超マイペースな人だけれど

強い女性だ。

 

この人だから、

こんな自分を許してくれるんだなと思う。

出会えて良かった。

 

これからも

その笑顔を守ってゆきたい。

 

それだけの強さが自分に備わるように

努力の方法に工夫が必要だと改めて思った。

頑張ろう。今日も明日も明後日も。

 

 ってなる。

 

 

まとめ

 

遠距離は寂しいし、お金もかかるし

ムラムラするしで大変だ。

 

でも、その分相手の大切さに気づけるし

交際を続けてくれる相手に報いる為にも

努力をするモチベーションが生まれる。

 

 頑張ろう。

 

もし、恋人が遠くに行ってしまう

という方がおられたら

参考になればと思います。

 

あと2週間は頑張れる、

でした。

【ブログ】型に囚われない書き様

 

ども、皿あらいです。

 

 

タイトルは格好良く表現しましたが

ただ単にスタイルの確立されていない者、

それがぼくです。

 

 

 

 

ブログにだって顕著に表れている

 

読者である、あなたもお気づきのことであろう。

 

ぼくのブログには、骨がない

ことに。

 

ぶよぶよと、

色々なお肉がくっついているだけだ。

 

転職を書いたり

日常を書いたり

理想を語ったり、英語をかじったり

本を読んだり、漫画描いたり

痩せたり

 所詮

寄せ集めだ。

 

他の方のブログのように、

一本の骨がない。

 

欲しい。

 

でも待ち合わせがない。

 

 

②文体も一貫性がない

そう、ブログでの口調も

昔は『だである調』だったのに、

最近は『ですます調』が増えている。

 

アクセスが増えて嬉しいが故に

皆さんに語りかける口調に傾いているのだ。

 

それ自体は悪くないが

相性の悪い記事の時には

凄く時間が掛かってしまう。

それに、記事全体がくどくなる。

 

 

 

昔どこかで読んだセリフ

 

『その歳にもなって、

キャラが確立してないとか引くわ

 

どこかで目にした文章に出てきた、

女性同士の会話の一部だ。

 

これが今のぼくには 痛烈に刺さる。 

 

ぼくはもう30歳。

とっくにキャラが確立していないと

おかしい年齢だ。

 

なのに、ぼくには安定感がない。

 

常にブレブレだ。

 

恥ずかしながら、大人になる過程の何処かで足をくじいてしまったようだ。

人間として、ほぼ生卵のままここまで来てしまっている。

 

いつになれば、

あなたのように熟せるのだろうか?

 

せめて、

どうにか温泉たまごくらいにはなりたい。

 (美味しくなりたい)

 

 

しかしどうしようもない

 

でも、悲しいかな

これがぼくの本質なのだろう。

 

芯はない。

でも、

そのぶん身軽だから何でも挑戦できる。

 

周りの友人が怖がって近寄らない集まりにも、向こう見ずで飛び込んで来た。

 

『怪我をしそう』

って触らないよりも

 

『触ってみてぇ!』

って触って怪我して

包帯巻かれながら笑ってきたんだ。

 

この『ブレ』こそがぼくの力。

あなたの才能とは違って

怪我の元になることばかりだけれど。

 

やれる事やって、そのうちじわーっと

じわーっと

『自分らしき型』

みたいな物が見えてきたら良いな。

 

 

だから、

これからも

ブログで好きなことを書いてゆく。

 

文体もテーマだって

相変わらずブレちゃうだろう。

 

けれども

それをぼく自身楽しんで

尚且つ

あなたにも

いつか楽しんで貰える日が来たならば。

 

ぼくはあなたと共に

とても幸せな気持ちになれると思う。

 

 

そんな奇跡を願って

明日の自分へと

ブログのトーチを繋いでゆく。

 

 

 

自分がないことを正当化しようとする夜の、皿なのでした。

(だ、だせぇーー)

【ブログ】情報鮮度ってありますよね。

 

どうも!

iPhone8を購入したは良いけれど、

結局従来の5Sでブログ書いてる

皿です。

 

このサイズ感、

手のちいちゃいぼくとしては

妙にしっくり来るんですよね。

 

 慣れたガジェットは、なかなか手放しづらくて困ります。

 

さて、話は変わって本題です。 

 

 

ブログメモはじめました

 

最近、ちょくちょく

ブログネタをメモするようにした。

仕事をしながらでも、

思考が走って 想いが溜まるのだ。

(単純な作業をしてる時の脳のドライブ加減は、何なのだろう・・・)

 

せっかく生まれた気持ちの放流は勿体無い

と思い、記録している。

 

 

しかし

 

いざ後から記事に書き起こそうとすると

うまくいかない。

 

手が止まる。

もしくは

どこかにつかえて

スラスラ出て来ない。

 

『もっと短時間で書けると思ったのに・・・』

 

 

皆さんも経験はないでしょうか?

 

 

 

何でなんだろう?

 

『あの時はあんなに書きたかったのに、何で出ないんだろう・・・』

 毎回困ってしまう。

 

 

おそらく、ぼくが思うに

情報と心の動きには

鮮度があるんだろう。

 

 

例えば 

映画も観たばかりの時は高揚してるし

内容だって色々覚えてるけど、

時が経つとともに

『どんなだっけ?』となるように。

(ぼくだけだろうか?)

 

心の高まりはいずれ冷めて

感動は逃げていってしまう・・・

 (切ない)

 

だから、

発見や感動に出会ったら

なるべく鮮度の良いうちに

キーワードをなるべく多く残す

ようにする。

 

(今回の記事でいうと、

『情報鮮度』

『書けなくなる』

『映画忘れる』

『復元メモ』みたいな流れをメモった)

 

 

 そうすることで、

その時のアイデア

より原型に近い形で復元できる

からだ。

 

頭にメモ帳があって、アイデアが消えない人たちが羨ましい。

 

ぼくの頭には、常に眼を光らせる

イレイザーラモンMONOが居て

イデアの類は根こそぎ葬られてしまう。

 

だから、復元メモは必須だ。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

と思いながら、

仕事中にこれをスマホにメモしてたら

ポケモン先輩に見つかりました。

 

『こら!』

 

 ひい!

妙な冷や汗。

(でもMなので若干・・・)

 

 

皆さんは見つからないよううまくやって下さい。

以上、注意喚起のでした!

(仕事しろ)

【こころ】夢を『1つだけ』目標に設定した頃の話


ども、皿あらいです。
今日は遠距離恋愛の彼女と2週間ぶりにあってきます。
久し振りに会えるのが楽しみです。

 

 


本題です

 

ぼくはO型だ。

関係ないけれど。

 

血液型占いで、

『O型は狩猟本能があり、サバイバル能力に長けている。環境に順応するのが得意』

と書いてあるのを見た事がある。

 

ぼくのどこにサバイバル能力が。

 

と思っていたわけだけれど、

 

転職して新しい土地での仕事に

すぐ 順応できた意味では

サバイバル能力が備わっていたと言えるのかも知れない。

(当然、人に恵まれている自覚もあるけれど)

 

しかし

最近、違和感を覚える。

 

突進力がなくなってる。

 

その理由として、


『ひとつ』に絞れてないなぁ


と思うわけである。

 

 

 

全盛期のぼく

 

ここ2年間は、とにかくガムシャラだった。

 

目の前に、

『1つだけ』目標を据えて

それに食らいつく為に必死で駆け抜けた。

 

苦しかったけれど、

常に小さなゴールを置いて

資格取得や、マラソンや、ボランティアなどのイベントを達成し続けた。

小さいけれど、『夢』を叶え続ける生き様。

 

家族も周りも引き気味。

自分でもドン引き。

 

あの頃は、完全に人生のランナーズハイを迎えていた。

命が燃えて、楽しかった。

 

 

『1つだけ』の理由

 

夢を『1つだけ』にする理由

それは、

 

単純にぼくが

不器用すぎるからだ。

 

これはこの歳になるまで、

心を閉ざし逃げ続けてきたツケだ。

経験が圧倒的に少ない。

だから、

甘んじて受け入れるしかない。

 

 

少年ジャンプの漫画『BLEACH』に
黒崎一護、という名前の主人公が出てくるのだが、
彼の名前の由来が胸に刺さっている。

 

『一護』という名前は、何か一つのものを護り通せるように、の意味に由来する

 

 

当時、漫画で読んだ時

それに妙に感動してしまった。


『ひとつだけ』

ひとつだけでいい。

 

ぼくたちの腕は2本きりなんだ。

3つも4つも、手を出そうったって無茶がある。

 

でも、

自分が貫きたい、

護りたい

と思うモノを胸に『1つだけ』据えて生きれば

割と充実した人生を送り続けられるんじゃないかな、と思う。

 

 

 

常に『1つだけ』を持ち続けること

 

不器用で弱いぼくのエンジンに火を付けてくれるのは、たったひとつの燃料だけだ。


何種類もの燃料を給油したって
車のエンジンと一緒だ。
すぐぶっ潰れる。

だからひとつ。


それだけで、どこまでも突き進める。


今はブログに情熱が傾いてしまっている。
けれど、今ぼくに本当に必要なものは
次の『TOEIC』だ。


これを『ひとつ』に据えて
命燃やせ、ぼく。

 


あなたは何が燃料ですか?

 



猪突猛進キズだらけの
でした。

【漫画】日常4コマ①

 

どうも、皿あらいです。

 

先程iPhone8に機種変更してきました。

素人なので、違いがよくわかりません・・・(グズ)

 

 

先日、寝坊をした時のことを漫画にしました。 

 ご一読お願いします!

 

 

f:id:aphoptosis:20170921223903j:image

f:id:aphoptosis:20170921223858j:image

 

 

すっごく目が覚ました!!

 

 

いやほんと

泣きっ面にハチじゃないですけど

何も寝坊した朝に出没しなくとも・・・

 

お陰で、

ぼくの中の抜刀斎が目覚めました。

凄く野生的な瞬発力が出た。

 

 

泣きっ面にハチは続き、

この後、慌てて飛び出した道中で

腕時計を落とすことになります。

 

↓以前書いた記事です。

 

 

 

 

皆さんも、寝坊した時の

ヤツの出現にはくれぐれもご注意を。

 (なかなかない)

 

 

三角コーナーにゴミを捨てなくなった

でした。

 

【健康】痩せたいのに体重計乗らないの?

 

どうも、

最近痩せたいと願っている

皿・中肉あらいです。

 

 

突然ですが、

 

恩人が太っています。

 

 

 

なぜ太っちゃうか

 

それは、夜遅くまでバリバリ仕事していたからです。

仕方のない事です。

 

夜遅くまで働けば、生活は自然と不規則になります。

遅くにご飯食べるでしょう。

酎ハイも飲んで寝ます。

そして寝不足のまま、

朝ご飯も食べずに出社するのです。

 

これは、けして本人のせいだけではありません。

太るサイクルにはめ込まれているのです。

 

環境に太らされている。

だから、仕方のない事なのです。

 

 

 

でも、『仕方ない』を承知で言いたい。

 

 

 痩せたいなら、

まず、体重に乗りなよ!

と。

 

 

 

皿・ぜい肉あらいだった頃

 

 不規則だとどうしても太ってしまう。

 それは、ぼくも身を以て思い知っています。

 

かつては毎日23時まで働いていました。

ひどい時は日を跨いで2時まで。

 

お腹が空けば

職場に設置されているグリコ箱で

おやつを購入して食べて満たし、

ストレスは炭酸飲料で誤魔化し、

帰って酒飲んで、愚痴を垂れながら会社を呪って寝る。

 

 

最悪なライフサイクルでした。

 

そのせいで、

学生時代 59kgほどだった体重は

一時期74kgまで増えました。

 

 しかも、

太ったら自重で疲れやすくなる。

すぐ汗が出る。

腰が痛くなってくる。

鏡に写る自分がかっこよくない、

 

もう、

マイナスな事がが多すぎです。

 

いろいろとやる気を失い、諦めかけてしまっていました。

 

 

しかし、

『このままじゃ、人生つまらなくなる』

 

そう気づいたぼくは

自分を助けるために、

ダイエットを決意したのです。

 

 

 

ぼくが痩せた方法

 

参考までに、

当時ぼくが取った方法を紹介します。

 

 

①毎日体重計に乗る。

まず、これが痩せる入り口です。

 やり方は

 

1.毎日決まった時間に乗る。

2.毎日記録する。

 

これにより、

自分の身体の変化を掴めます。

増えたら分析し、対処出来るのです。

 

②食事制限

 

あなた『はいはい食わなきゃ良いんでしょ』

 

はい、そうなんです・・・

 

でも!

とはいえ

いきなり減らすなんてしんどいですよね。

だから、少しだけ減らす。

 

1.夜ご飯は炭水化物取らない (米、麺抜きのおかずのみ)

2.野菜→肉魚豆→炭水化物の順で食べる

 

これだけで全然違いますよ。

これに加えて

 

3.ゆっくりよく噛んで食べる

 

をすれば最強

 

・・・なんですけど

ぼくはせっかちなので直ぐ飲みこんじゃいます(汗) 

 

 

③間食を変える

 

おやつ、甘い缶コーヒーや炭酸飲料をやめます。

 

・・・といっても、突然止めるなんて

お坊さんでもない限り無理ですよね。

我々には欲望がある。

 

なので、可能な限り減らします。

 

・ポテチ

・スナック

カロリーメイトなど


・くるみなどのナッツ類

・ドライフルーツ
・いわしアーモンド
・蒟蒻ゼリー など

 

・カップラーメン

・スープ春雨

 

など、

グレードダウンさせる。

 

 

④お酒を減らす

 

これも大事です。

ぼくは毎日晩酌にビールだったのを

ハイボールに変えました。

 

ご存知の方も多いかと思いますが

ビール、ワイン、日本酒は

醸造であり

カロリーが多いです。

 

対して、

焼酎、ウイスキーなどの

蒸留酒に置き換えることで、

摂取カロリーを減らせます。

 

ぼくの場合、焼酎苦手なので

ウイスキーの炭酸割りを週に2度ほど飲んでいました。

(完全に禁酒はむり)

 

 

 ⑤週1度のジョギング


運動は
なるべくやりたくありませんでした。
以下の3つの理由からです。

 

1.時間を取られる

2.そもそもしんどくて続かない

3.筋肉が増えるのは避けたい

時間が掛かって、

かつ仕事中しんどくなる事は避けたかったのです。


それに、筋肉量が増えると

体重が増加してしまうため


『60kgを切る』

という数値目標の妨げになってしまう意味でも、筋トレは避けました。

 

 

【番外編】朝・昼スムージー

朝ご飯前、昼ご飯前に自家製の野菜スムージーを飲んでいました。

酵素を取り入れる事が、痩せるコツだと聞いていたので。

 

しかし

 

毎朝野菜切って作るのが

意外と手間。

  

ですので、スムージー作戦は時間に余裕のある人にしかオススメできません。

 

 

 

 

そして、ダイエットの結果

 

ここからは

ライザップ

にお届けします。

 

 

 

 

♪ブーチ・ブーチ

  ブーチ・ブーチ

 

 

f:id:aphoptosis:20170919184532j:image

 

ブーチ・ブーチ

ブーチ・ブーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪テッテテレレレー

  テッテテレレレー

f:id:aphoptosis:20170919184539j:image 

 

ーー結果にコミットする。

 

 皿あライ ザップ

(↑すみません)

 

 

減量大成功しました!

(♪テッテテレレレーテッテテレレレー)

 

 

腹筋が少し出てますが

痩せて脂の海から浮上しただけです。

 

 

セルフザップ前は

68.3kg(2016年1月4日)

 

だったのが

 

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

 

58.9kg!(2016年7月10日)

 

6ヶ月で9.4kgの減量に成功しました。

 (ちなみに写真は65キロ→59.8キロのものです。最初撮り忘れた)

 

ちなみに運動は

 

週1度、30分のジョギングと

 30kmクロスカントリーマラソン大会

10kmマラソン大会

 

ほぼこれだけです。

(練習はほぼ週1回のみ)

 

 

 

最近の皿

 

現在は、 58.9kgから徐々にリバして

64kgまで回復しちゃいました♪

(ダメじゃん) 

 

お酒飲み出したらすぐですね・・・(涙声)

 

 

最近は、恩人に付き合って

少しずつ痩せています。 

もちろん、

今も毎朝体重計に乗っていますよ。

 

 

 

もし

 

『体重を減らしたいけれど、まだ動けていない・・・』

 

って方がいたら、

体重計に乗ることから始めてみてはいかがでしょうか?

そこからはじまりますよ

 

イザップでした。

 (↑言いたくてすみません)